スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傲慢な思いだろうか? 

307437.jpg

スクリーンショットは、飛行場至近を通過しようとするGB戦車群
に低空からトス爆撃を加えるTupolev Tu-2S。
この頃、GBのSU侵攻が開始されたが、多くのSUメンバーはま
だ危機感を持っていなかった。わたしも含めて。

その日、TCに入ると、南東のSUが広く前線を支配していた。
人数は、各陣営とんとん。JP、GBは若干多めだった。

SUを選択し、ぼちぼちと前線の拡大に貢献。北はJPとGEが、
東はGBとUSが激しくやり合っており、前線はどこも手薄。
SUが前線を62BCまで広げた頃、BBBを獲られていた南東の
GBが、ついにBBBを取り返し、安定した状態になった。
もしかしたら、SUのFAB(前線飛行場)を獲りにくるかもな、
とぼんやり思ってはいたが、トリガーを待たずに、GBはSUの
73BC飛行場を空挺作戦で奪取。

やば、GBは本気だ。

南北に広く前線を伸ばしていたSUは、横っ腹にくさびを打ち込ま
れる形に。
これはけっこうまずい。
この場合、SU全体としては、残りの前線飛行場を放棄してでも
78AU中間飛行場を守備すべきなのだが、TCは自由な空間、陣
取り合戦そっちのけのプレイヤーは前線飛行場にとどまるわけで、
78AUの守備に来たのは、わずかに2、3機だけであった。
対するGBは、脚を休めず戦闘機隊で78AUを制空。
多数のGB機に振り回された挙げ句、あっさり撃墜されるわたし。
待機画面から、78AUの危機をSU全体にコールするが、反応な
し。
78AUエプロンに出てみると、すでに上空はGB機でいっぱいに。
わたしは無理せず、95AM(BBB)に出てみると、BBBから
少し離れた村(89AW)に既にトリガーがかけられ、しかもかけ
た敵機がこちらに向かってきている。

非常に手が早い。

BBB直前でその機は阻止できたが、既に78AUは陥落、しかも
戦闘機らしき機影がすでにこちらに向かってきている。
わたしは待機画面から再度911コール。それからYakovlev Yak-3
で離陸。

ばんばん飛んでくるGB戦闘機。テンペスト(Hawker Tempest Mk.V)
が中心なので、若干高めの高度をとりながら、わたしは輸送機をさ
がす。
執拗に追い来るGB戦闘機。テンペストよりも白スピ
(Supermarine Spitfire F Mk.XIV)が怖い。緩い旋回でエネルギー
を失わないように、ルート上を広く捜すわたし。
やや迂回するルートを取りながら、敵輸送機が低空を飛んでいる。
よしっ。
距離を詰める。しかしGB戦闘機も追ってくる。付近にSU機はい
ない。わたしがここで墜とせなければ、あとは無人の野を行くがご
としだ。
輸送機の直上付近に位置取りすると、輸送機は急旋回。そう思って、
わたしは速度を殺している。その代わり、GB戦闘機もかなり距離
を詰めてきている。

わたしは、ダイブした。

・・・
結局、輸送機を撃墜することはできなかった。
もちろん、もともと1対多の戦い。客観的に見れば負けて当然の状
況だったと思う。
だが、それでも、1人でなんとかできるだろうという気持ちがあっ
たのだろう。
「こう機動していれば墜とせたんだ」と、悔しい気持ちになる。
これは傲慢な思いだろうか?

次は、もう少し巧く飛べるような気がする。
今回は、一撃殺を気負いすぎていたため、早めにスピードを殺しす
ぎた。
結果、輸送機を撃墜するより早くGB戦闘機に撃墜された。
難しいが、ぎりぎりのブレーキングをするべきだったのだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/97-95b98843

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。