スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全員、敵。 

www.alt-r.com_imgA_337345.jpg

スクリーンショットは、わたしのダイブをことごとく回避するスピ5
(Supermarine Spitfire LF Mk.Vb)。
翼端を切りつめたタイプで、クルクルと上下左右によく回る。



おひさしぶりです。
PC不調と多忙によって、しばらくの間FAをお休みしていた。
が、もう1、2ヶ月ほど前から復帰している。

最近はFFAアリーナに夢中だ。(いや、TCもちゃんとやってるが)
FFAとは、Free for All の略。なんとも哲学的な響きだが、要す
るに「視界に入るものはすべて敵」というバトルロイヤルアリーナ
だ。

TCで使っている「N」ハンドルはお休みにして、FFAでは「P」
と名乗っている。ふつうに日本語も話しているので、ちゃんと日本
人と認識されている。

なにか書こうかとも思うのだが、毎日名勝負の連続で、逆になにか
ら書けばいいのか分からない。
特に、Yakovlev Yak-3との戦いが面白い。わたしの愛機もYak-3だ
が、同機種での対決となると、Yak-3の性能がよく分かってくる。
こんな使い方もあるのか、と感心させられることも多い。

とりあえず、今日印象に残ったのは、スピ5パイロットの回避。
わたしが上をとって、さんざんBnZを仕掛けるが、ことごとく回
避される。回避するだけではなく、わたしが追随をあきらめた瞬間
に、すばやく上を向いて撃ってくる。
さいわい、一発も当たることはなかったが、かれはしつこく追い続
けず、最初の連射だけですぐに降下。こちらの釣り機動を拒否。

途中、高度をとってやってきたサンダーボルト(Republic P-47D)
を発見したわたしは、その場を離脱。勝負はつかなかった。

去り際に、「もっとやりたかった」というニュアンスの言葉をいた
だき、「続けてたらこっちが負けてたかもナー」、と思わされた
秋の夜であった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/92-b619ec0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。