スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色と黒は勇気のしるし♪ 

ss000002.jpg

スクリーンショットは、最初のソーティでいきなり輸送機を迎撃するハメになるわが黒コル。SU輸送機(Lisnov Li-2)のパイロットは、SL隊隊長。私が思うに、日本人の中では1、2を争う作戦コーディネーター。
ここは止めることができたが、その後はズタボロの展開。


復帰間もないが、どうも慢性的にUS陣営の人数が少ないようだ。
そういえば、以前USの常連だった隊を、軒並み見かけない。
もともと多くはなかったが、ここまで少なくはなかった。昔のSUのような感じだ。
一人、外国のm8が声をからしているが、わたしをはじめ、反応は薄い。


USには、お手軽な戦闘機が少ない。
コルセア(青・黒とも)はいい戦闘機だが、「これだけは誰にも負けない」という決定力に欠ける。使いこなすには熟練を要するタイプの機体だろう。
ライトニング(Lockhead P-38L)はどちらかといえば戦闘爆撃機だし、ムスタング(North American P-51D)は高高度戦闘機だったりする。
そして、どいつもこいつも重い。トップスピードはそれなりに伸びるが、加速がもったりとしている。
こう・・・他国のように「乗ってポン」というようなお手軽な機体が少ないのだ。
その辺が、人気のなさのひとつなのではないだろうか。
(JPにもお手軽機体はないが、ほっといてもJPは人気があるので)


そんなわけで、しばらくはUSに入る機会が多くなるかもしれない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/8-b7a1f7ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。