スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと光を。 

ss000003.jpg

スクリーンショットは、SUの猛攻を受けるUSの76CM飛行場。

週に1度のファイターエース。
ゴールデンタイムに参戦すると、南東のUSが北東のSU、それから西のGBからも圧迫を受けつつある。
USに入ってみるといきなり、"us bbb 911"と悲痛なチャット。

BBBに出現してみると、すでに2機のシュトルモヴィク(Ilyushin Il-10)が制圧行動を開始していて、また、レーダーには各方位から接近する赤い点が映っている。
わたしは黒コル(Chance Vought F4U-4C)に乗り込み、滑走を開始する・・・

が、重い!

もともとBBBはオブジェクトが多くて、わがPCの性能だともったりしがちの上に、滑走路にはすでにいくつかのクレーター、そして敵味方多数の飛行機が飛び交い、すでにコマ送り状態。
クレーターをよけながら離陸しようとして、グラベルからの離陸を試みるが、コマおくりのため速度表示を読みきれず、あえなくギア破損→不時着、なんてことを何度も繰り返した。
もっと光を!

もちろん、わたしのグラボの性能がよかったとしても、押し寄せるSUを防ぐことは敵わなかったと思うが、もう少し出来たことがあったかと思うと、悔しい。
ありとあらゆるグラフィックオプションを最低にしているが、効果はあまりなし。
Catalyst側で少しでも負荷を下げたいのだが、なぜか異常終了する。(日本語フレームワークはインストールしているのだが)


それでも、攻撃の合間を縫って離陸を繰り返し、輸送機や爆撃機を狙って撃退。
しかしA41隊、SL隊、TC隊など豪華フルキャストでお送りするSU陣は間断なく戦力を投入。結局BBBとミニ飛行場は陥落。6K14Lという憂き目を見た。

USは中間飛行場に追いやられるが、SUは攻めてこない。
GBが中央に版図を拡げ、このままUSを滅ぼすとシーン数でGBに負けるからだ。
代わりにGBが、後方から押し出されてきたUSに襲い掛かる。
GBはこちらに割ける戦力が少ないらしく、日本人のFW隊を中心としたメンバーで中規模の攻勢。しかしUSもこの時間帯で人数が一ケタ。まともにぶつかれない。
結局ここでも大型機だけをピンポイントで狙って、最終的には9L20Lにした。

USは滅んだ。

コメント

SUのその3部隊に攻められたらどうしようもないですねw
うちの隊は・・・orz

黄金パターンですね。カタにハメるというやつです。SUに追い込みかけられたらオワリです。
_RP隊さん(今更w)は戦略よりも、戦闘機が怖いかんじですね。JDさんとかHypさんとか(伏字)

うw。76CMにきのこ落としているのはうちの隊でしょうか?w。うーん反省しきり。現在TC隊ではBBB攻撃には250kgを推奨しております。やっぱりBBB攻略は弾数が一番重要な気がしますので。攻撃だけ考えるときのこはカタルシスを覚えるんですがw。

しかしいつもながら綺麗なSSですねぇ。感心しちゃいます。

お褒めに預かり光栄です =S=

誰がキノコ落としたかは、ちょっと見直さないと分かりませんw
弾数が重要と言うのは同感。実際、かなり離陸が難しかったです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/7-32c8c4ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。