スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体当たりは是か非か。 

「CoCバイオレートか、否か。」
最近は、すべてそこで語られてしまっているような気がするFAです。

Fighter Ace Code of Conduct (Japanese)
https://fighterace.ketsujin.com/FAJapanese/Information/coc.htm

パラ撃ちOK、特攻OK。スパイ行為もTab抜けも現状では止めようがない。
というのも、いずれも故意かどうか、本人以外には判別が付かないからかと。
パラ撃ちについては、パラシュートに当たり判定をなくせばいいだけのはずなので、それをしないのはKetsujinが「パラシュートは撃ってください」というスタンスなんだろうと考えています。
パラ撃ちについては、故意かどうか以前の問題なんですな。

ただ、他の行為については、空中戦で、あるいはオンラインゲームとして普通の行為でもあるので、本人以外は故意かどうか判定のしようがない。
体当たりは、単なるオペミスかもしれないし、あるいは機体がアンコントロールなのかもしれない。また、HO(ヘッドオン)や肉薄攻撃は、未必の故意といえるかもしれないけど、「せざるをえない」ことはままあります。
スパイ行為についても、そもそもTCは「みんなで陣営の勝利に貢献しなければいけないゲーム」ではない。勝利条件を定めてはありますが、それに従事する義務はない。スパイされたからといって、ゲームが成り立たないわけではない。ただ作戦のチャットを読まれたり、奇襲部隊の位置がばれたりするだけだ。
Tab抜けも、クライアントの異常終了やネットワーク切断などのアクシデントと区別する方法がないはずです。


上述したことは、ベテランならだれでも知っていることです。
そして、知り尽くしているからこそ、パラ撃ち・特攻・Esc抜けされること(あるいは、もしかしたら、「する」こと)に麻痺しているのかもしれません。
わたしも、最近はパラ撃ちや特攻されても「ムカっ」とするだけですし、FFAでEsc抜けばっかりするプレイヤーがいても、放置・・・というか、こっちから避けています。相手にするの馬鹿馬鹿しいので。

だけど、そうやって一人一人が諦めていけば、いずれ本当に殺伐とした、ゲームを抜きにしたところの人間関係も冷え込んだ、さびしいゲームになってしまうと思うのです。
実際、FAは初心者が定着する率が極めて低いゲームだと思います。まがりなりにもフライトシムなので、敷居が高いのは事実ですが、スペック的・技量的な部分以外にも、精神衛生上良くないことが多いのも、定着しない原因かもしれないと思います。パラ撃ちとか、ベテランがやられてもヘコみますからね。


わたしは最近、本ハンドルよりNで飛ぶことの方が多くなってきましたが、しばらくは本ハンドルに戻して、チャットで思うことを思うままに言ってみるのもいいかもしれないな、と思っています。
(Nハンドルだと、日本語は封印しているので)
CoCバイオレーションでないことは分かっていても、言わなければ思いは伝わらないでしょうから。


以上、らしくなく前向きなNでした。


#現在のNのキルレートですが、1.50です。
#前回(2006/07/02 )調べたときは1.46だったので、約3ヶ月で0.04のアップ。
#今のペースでいくと、キルレート2まで、あと40ヶ月くらいかかりそうです。
#・・・
#40ヶ月www

コメント

こんばんは^^
CoC違反は本人のモラルの問題なので、いくら騒いでもむずかしいですよね。ネットゲームは、相手の顔が見えないのでやる気になればやりたい放題ですよね。逆に、顔が見えないからいい場合もあるし・・・(こんなおっさんが、女医握ってるのもWWW)
私も、悪い事したなぁって思う事がありますが「すいません」て謝らず、まぁいいか!ってながす事もありますから。
1リットルの涙でも見て、心洗われればOKですかね(わんわん泣いてしまいましたwww)

取り留めない文ですんません

こんばんは、まきさん。
わたしも途中から何書いてるのか分からなくなってたので、「ふ~ん」って思っていただければ、それだけで幸甚です。

> 私も、悪い事したなぁって思う事が
> ありますが「すいません」て謝ら
> ず、まぁいいか!ってながす事もあ
> りますから。
謝り所は、判断が難しいですよね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/51-62882b94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。