スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなにテンペストが嫌いか! 

Tempest Ki-84-1a Yak-9UT.jpg

右下がすれ違いざまにイスパノ20mmを1連射したわがテンペスト。
中央が疾風。左上が、疾風と空戦を展開していたYakovlev Yak-9UT。
ビデオを見直して初めて気づいたが、このYakもわたしのテンペストを狙っていた。そんなにもキライか!w

東へ戻ってみると、51AYはGE、SUの攻撃にさらされていた。
先ほどJPを迎撃していたGBのSQDはすでに一斉退室。
(SQDというのは、ログアウトするときは一斉に抜けることが多い)
残るGBは3人という寂しさ。

南に隣接するSUはともかく、GEがなんで??と思ったが、38BKのFABが山越えで侵略してきたGEの占領下だった。なるほど。
ふと後ろを見ると、高高度にJPも接近してきている。
・・・みんなでこんな小さなパイを切りあわなくても^^;
エプロンめがけて1t爆弾を投下するフォッケ(Focke-Wulf Fw-190F-8)もいれば、疾風は他を全部無視でわたしのテンペだけをしつこく追ってくる。和気藹々とした雰囲気(GB以外)。

わたしはひたすら東に逃げる。徐々に引き離しつつあるが、疾風は追ってくる。
北東のサポートファクトリー(補給工場。ここをやられると、弾薬・燃料の補給に支障が出る)でSUが暴れているので、それらにくっつけてやろうと思い工場上空を通過。しかし疾風の粘度高し。さらに逃げて、GB戦車を掃除しているシュトルモビク(Ilyushin Il-10)にくっつけようと思ったがそれも敵わず。

そんなにテンペストが嫌いか!仲間だな!
・・・もしかして、個人として嫌われていたのかな?

逃げて逃げて、やっとあきらめてくれた。
わたしが引き返すと、さっきの疾風はYak-9UTと空戦中。狙ったわけではないが、たまたま照準に飛び込んできたので1連射。ベキっと音がして、主翼が折れた。
仕返し、というつもりではなかったが、結果として溜飲を下げた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/40-2747b21e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。