スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖国に撃墜を奉じてみるテスト。 

小一時間ほど飛行。
Classicに入室したら、各陣営の人数が、10人前後でばらけている。
へー、珍しいこともあるもんだ、とマップを見たら、SUの飛行場
は61AJ、68AX、そして51AY。バックベースが1個もないじゃん(;´Д`)
うーん、SUはオチがあるなぁ。
どこで戦えばいいのか分からないので、とりあえずデフォルト最前
線基地の68AXに行ったら、SU誰もいなかった(爆
既にトリガーかけられ済で、JPの97式戦車が黙々と68AXに迫る。
一瞬、Ilyushin Il-10でつぶしに行こうかとも思ったけれど、73BCから
JP2機が離陸するのをレーダーで確認し、やめておいた。犬死になる。
51AYは、USの攻撃を受ける少し前の状況。45ATがUSの空挺部隊
に獲られている。まあ兵隊だけ排除だけしておこうと思い、珍しく
Lavochkin La-7に爆弾を積んで離陸。

離陸してしばらくして、US3機が51AYに接近。爆弾を捨てて迎撃
体制に入る。
今日の空は、高度約3000mあたりに分厚い層雲がたれ込めている。
待ちかまえていると、雲を突っ切ってマスタング(North American P-51D)
が降ってくる。距離2000mを切ったあたりで機種を向ける。しかしマスタング
は、距離1000mあたりで急上昇に転じる。エネルギーを失わないよう
にこちらも戻す。と、その時目の端に、51AYに向かうUSのミッチェ
ル爆撃機(North American B-25J)が映る。
ヤヴァイ。もうすぐ投弾位置に入るはずだ。機首をそちらに向けて、
距離を詰める。マスタングの位置を確認したら、早い! 既に私を
追撃する態勢に入っている。というか、凄いスピードで6時に迫っ
てきている。
このとき私は、ミッチェルをあきらめ、マスタングと戦えば、1機
撃墜を奉じることができたかもしれない。しかし、みすみす爆撃を
許してなにが戦闘機か~
私はダイブして急加速。マスタングに追いつかれるまでの時間をで
きるだけ稼ぐ。そして、ミッチェル爆撃機の真下あたりで急上昇。
しかし、あと少しで射撃位置というところで、マスタングに撃墜さ
れてしまった。
しかもこの後、再出現した51AYで同じマスタングに滑走中を銃撃さ
れて、いきなり2LOST。

61AJに移動。51AYは、しばらく制空されるだろうから、頭を冷やす
べく。
ここも獲られた55Tバックベースと接しているが、US機の攻撃は閑
散としている。時々散発的にP-38Lが飛んできて近くの工場に爆弾を
落としていくようだ。
レーダー上には、敵機2。動きが爆撃機っぽい1機と、64AF工場に
迫る2機。
すぐに戦闘になりそうなので、燃料を100kgだけにして離陸。
まず、61AJに接近してくる1機を警戒するが、雲の上らしく、全く
様子が伺えない。
これは降りてきたら迎撃することにして、67AF攻撃の2機に向かっ
た。
こちらが接近する途中で、1機は勝手に墜落。もう1機は逃げてし
まった。
きびすを返して、51AYへ向かう1機に向かうと、コルセア
(Chance-Vought F4U-4)だった。ただ、爆撃する様子は見られず、
雲のすぐ下をまっすぐ飛んでる。どういうつもりなのか?┐( ̄。 ̄;)┌
するするっと近寄ってみるが、素知らぬ顔でまっすぐ全力で飛ぶコ
ルセア。
ちょっと追いつけそうにないので、西からこちらに向かってくる別
の1機(まだ遠い)に機首を向ける。
すると、ようやくコルセアが旋回を始めたので、すっと回り込んで
旋回戦に入った。
不可解な動きをしていた割には、よく回る。元々コルセアは旋回性
能が高いが(FAでの話ね)。
しかし、燃料100kg以下のLa-7にかなうわけもなかろうψ(`∇´)ψ
20mm弾をかなり叩き込んで、そろそろ終わりかと思った頃、西から
の1機--これもコルセアだったが、これが猛スピードでフォロー
に入ってきた。
タグを見ると、常連。B氏。まあまあ手練れだ。
まだ撃墜していないが、もう反撃する余力はなかろうと思って、そ
ちらに機首を向ける。
ヘッドオン(正面攻撃)で切り交わす。お互い数発だけ当たる。
B氏はスピードを活かして急上昇。しかし、もともとエネルギー
差はあまりない。こちらは高度を維持して、B氏が縦旋回の頂上
付近に達したのを見て、急上昇。速度エネルギーがほとんどない状
態のコルセアに、20mm弾をしこたま叩き込んだ。こちらの損害は、
12.7mmを数発のみ。
これで勝負は決した。あとは、低空をふらふらしているさっきのコ
ルセアにとどめを刺し、B氏はどうなったかと目をやったら、ちょ
うど墜落したところだった。
この後Buff(Boeing B-17G)、B氏のエアコブラ(Bell P-39D)を2回、
ライトニングを1機喰って、スコアを撃墜6の被撃墜2、戦車4両、列
車1本とした。防空メインだったからまあ当たり前の成績だが、
61AJをほぼ一人で護っていたと考えると、悪くない数字だと思った。
最後は6連続撃墜だったので、久しぶりにエースマークも貰えた。
このエースマーク、最新の日本語版では、「よくやった! 貴君に
は撃墜マークを授与しよう!」みたいなノリのメッセージが出るん
ですが、ここまでやるんだったら、陣営ごとにメッセージ変えたら
どうなのか。
GEだったら、「よくやった! 貴君には総統閣下より直々にブル
ーマックスが授けられる」とかなんとか。USは大統領、GBは女
王陛下、JPだったら陛下。SUは……ハッ、書記長!( ̄□ ̄;)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/364-786c5859

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。