スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ戦が活躍できないリアルでロマンチックな戦場。 

FA Japanからニューズレターが届く。
次回アップデートで、機種が追加されるらしい。5機種。
多分、これで100種類弱になるんじゃないかなぁ。
FAがバージョン3だった頃で、既に80種類。
3.5にバージョンアップしたときに、ええーと、
SU MiG-3とPe-8
JP 鍾馗(2種類)
GE なんだっけ?
US たしか、ワイルドキャットの型番違いが・・・
GB ワイルドキャットとミッチェルとアベンジャーの輸出Ver
各国 それぞれ輸送機1種類ずつ
   (GE以外はスカイトレインとそのライセンス生産Ver)
が追加されたので、この時点で、少なくとも、93機種。
で、今回の5機種で、計98機種・・・?

多すぎ!(楽しみだけどね)

しかし結局、FA3.5でもっとも人気のあるClassicアリーナでは、
(メッサーシュミットMe-262を除く)全ての機種が使用できるので、
100機種あっても、実際に飛んでる機体は限られるのだ。(つま
り、強い飛行機しか飛んでない)
もちろん、大戦初期の旧式の機体・・・Polikarpov I-16/24や99艦爆
(Aichi D3A1)、トマホーク(Curtiss P-40C)なんてのも飛んでること
は飛んでるが、やはり少数派。こうゆう機体にはそれなりにいいところ
もあるんですが(おおむね、旋回性能に優れる)、Classicアリーナと
いうタイトな戦場では、これで活躍できるプレイヤーというのは限られてくる。
やっぱり、SUならLavochkin La-7かYakovlev Yak-3/9Uで、
JPなら鍾馗(Nakajima Ki-44-IIC)か疾風丙(Nakajima Ki-84-1C)か
紫電改(Kawanishi N1K2-J)、というふうに。
まあ、そこがロマンをかき立てられるところなんですけどね。
(あの)零戦でトリガーかけまくるT氏などは、尊敬に値する。

ちなみに、今回追加分は・・・
■我が祖国ソビエト連邦(SU)
<<ヤコブレフYak-9UT>> (2機種?)
Yak-9Uの武装強化バージョンらしいです。
ニューズレターの文面からは、
A) ハブ 20mm x 1 / カウル? 20mm x 2 / 主翼 12.7mm x 2
B) ハブ 37mm x 1 / 主翼 12.7mm x 2
の2バージョンあるようにも取れるし、
ハブ 37mm x 1 / カウル? 20mm x 2 / 主翼 12.7mm x 2
の1バージョンのようにもとれる。
どっちだろう?
(プロペラハブに機関砲2門は搭載できないですよね?)

しかし、37mm砲か~。苦手だなぁ~。
37mmは後落が激しく、また連射速度が遅いので、得意の20mm砲と勝
手が違いすぎる。
37mm以上の大口径砲を使っている人を見ると、感心してしまう。

■大日本帝国(JP)
<<中島G5N深山>>
今まで唯一、単機で飛行場トリガーが困難だったJPに、やっと導
入された重爆撃機。多分重宝されると思う。

■ドイツ第三帝国(GE)
<<メッサーシュミットBf-110C-4/B>>
「戦争初期のシナリオにおいて」のみ活躍できると思う。歴史イベ
ント用だ。

■アメリカ合衆国(US)
<<チャンスボートF4U-4C コルセア>>
多分、今回最大の目玉。このコルセアが各地にトリガーかけまくる
こととなろう。

■大英帝国(GB)
<<ホーカーHurricane Mk.IID>>
40mm砲装備のタンクバスターみたいですが、格闘戦に使用されるで
しょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/356-22aa19c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。