スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺、逃げるフリ。 

今日は、面白い(相手にとっては腹の立つ)撃墜があった。

61AJ飛行場にいるとき、はるか西の方にJP反応。
すわ、爆撃機が55Tを狙っているのか、と思って、急遽55Tから離陸。

レーダーが壊れていたので、ポインターに従い飛んでいくと、雲の
上のさらに高々度に、1機のJP戦闘機。
なんだ、冷やかしか。┐(  ̄ー ̄)┌
そう思って、55Tへ引き返そうとすると、高度を維持したまま追って
くる。
そこでひらめいた。
私は、一旦高度を落として雲の下に出て、相手のパドロックを切る。
それから、雲のすぐ下で、高度を維持し、速度を調整しながら、着
陸コースに入る。(実際には着陸しない)
これで、相手からは、私があたかも着陸中の様に見えるはずだ。
演技をしながらこちらもマップを見ていると、マップ上の敵の光点
がぴたりと停止した。
つまり、急上昇か急降下に入ったってことだ。
よしゃ、釣れた (= ̄m ̄)
雲のすぐ下で見張っていると、Nakajima Ki-44-IIcが層雲を突っ切って
ダイブしてきた。
敵は、滑走路上の私を捜したことだろう。しかし私は、滑走路直上
の高々度にいるんですね~。

苦し紛れに地上施設や低空のSU機を撃つ彼を、速攻で仕留めますた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/354-8946b159

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。