スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアヘッド。 

94361.jpg

スクリーンショットは、新Yakの機首部分。
スピナーの先から突き出ているコケシみたいのが、37mm砲。
エンジンカウルの、鼻の穴みたいのが、20mm砲。

さて、そんな新型Yakですが、強化ポイントは重武装化と、トップス
ピードが上がったこと。
新Yakについて、あまり情報が公開されていなかったので、
ハブに37mm・カウルに20mmX2・主翼に12.7mmX2、とか夢も見ていたん
ですが、主翼の武装ははずされ、結局ハブ37mm・機首20mmX2でした。
Yak-3とYak-9Uが、ハブに20mm、カウルに12.7mmX2と言うのを考えると、
かなりの武装強化。私はLa-7使いなので、武装が機首に集まることの
有効性は知っているつもりです。
ただ、正直、「37mm」ってことで期待はしていませんでした。
30mm以上の大口径砲は後落が激しく、命中させるのが困難。
また連射性能も初速も遅く、基本的に、20mm砲クラスの武装と同時
に使用することは困難と思っていたからです。
まあ、多少できのいいP-39くらいを想像していました。

し、しかし・・・!




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/317-0168bd7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。