スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀玉鉄砲で墜ちる四発重爆。 

105527.jpg

スクリーンショットは、ついに、7.92mmだけでバラされてしまった
深山(Nakajima G5N1)。
左上:深山の真下に付けるE-1
右上:アップトゥアンダー
左下:6時につけて、殴り合い。
左上:撃破。

乱戦空域は、E-1にはあまりにも危険だとさとった私は、71BJの
南、76BI工場を襲うGB機の迎撃に向かった。
しかし、私が接近すると、攻撃中のテンペストはさっさと逃亡。
2番手が来る気配もなく、あきらめて高度を取りながら北へ引き返
す私。

そうしたら、71BJ飛行場を爆撃すべく飛来した深山に、たまたまエ
ンカウント。
深山が脆い事は知っているが、それでも、7.92mm機銃ごときで落と
せるのか・・・チャレンジ。
残念ながら、深山はすでに爆撃コースに乗っており、補足後すぐに
爆弾をばらまいてしまった。
投弾阻止はできなかったが、そのまま追い続ける私。
深山はまっすぐJP後方飛行場へ逃げる。
軽くGrabしながら、深山の下に潜り込むように機動する。
そして、敵機の真下1000mあたりに達してから、アップトゥアンダー。
7.92mmが深山に突き刺さる。プスプスと(w
しかし、落とせない。こちらも、深山の防御砲火を浴びる。
同高度のまま引き離される私。
緩降下しつつ、もう一度深山の腹に潜り込もうとする私。
再度真下へ。敵の旋回機銃の射程外ギリギリ。スピード十分。
再度、アップトゥアンダー。胴体に機銃弾を叩き込む。
それでも墜ちない。意外としぶといな!
そのまま、6時200mあたりにポジション。同航戦(w
あとはもうノーガードで殴り合い。こちらは敵の中心線めがけて7.92mm
を撃ちまくり、深山は20mmや7.7mmをばらまいてくる。

・・・そして、ついに撃破。勝った。
いや、投弾された時点で、戦略的にはすでに負けなのだが。
深山のパイロットも、単機侵入、お見事でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/288-7c04a918

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。