スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸送機エース。 

113828.jpg

スクリーンショットは、Junkers Ju-52/3m(上)と、
Lavochkin La-7(下)。

人数もさることながら、ゲーム的にも危機的状況。シーンは、あと
飛行場1つを残すのみ。
今日は、本当は、ゆっくり新型機Yakovlev Yak-9UTを調査するつも
りだったのに、そうも言っていられない状況。愛機La-7に乗り込む。
否応なくエプロンに出現すると、Messerschmitt Bf-110G-2/R3が1
機、飛行場施設を破壊しながら通過してゆく・・・
通過を待ってエンジンスタート、Bf-110を注視するが、こちらを恐
れてか、あるいはドラッグするつもりか、戻ってはこない。
わたしも、Bf-110は無視して離陸。西、敵地の方へ進む。
マップを確認すると、西から2機。パドロック。1機は、低高度。
まだ機影は見えぬが、おそらく空挺部隊を積んだ輸送機。
もう1機は、しばらくしてからパドロック。ほぼ同高度。輸送機で
はないだろう。

何にせよ、輸送機は必須撃墜だ。そのルートに回り込んで、反転・
降下する。
輸送機パイロットは、日本人ベテランの_A氏・・・(;⌒▽⌒A
対空対地なんでもござれのスーパーエースだ。今まで何度も泣かさ
れた。
輸送機は、Junkers Ju-52/3m。他の四カ国が全てスカイトレイン系
なのに対して、GEのは3発固定脚・・・気の毒だ。
スルスルと降りていって、射撃。敵は水平に急旋回。当たらない。
こちらもバーチカルロールしながら追随。命中。エンジンから火を
噴く。しかし落ちない。
輸送機は激しくジンキング。全然当てさせてもらえない。気が付い
たらオーバーシュート。あわてて上昇。それから反転。パドロック
で輸送機を確認しながら、再度ダイブ。
6時にぴたりとつける。振り切られないように、操縦桿とスロット
ルに意識を集中する。
トリガーを引く。3発の大型機に吸い込まれる20mm弾。しかしまだ
落ちない。その時後ろから激しい射撃! さっきのは
ドーラ(Focke-Wulf Fw-190D-9)だったようだ。
La-7の部品が、いろいろ弾け飛ぶ。しかし、輸送機は絶対に落とさ
ねば・・・。
ドーラを振り切るために、再度上昇・反転。ドーラはこちらを追随
しきれずにロールアウェイ。上空で体勢を整え直している。
私は再び降下。再びぴったりとデッドシックスにつける。
これで終わりだ!
・・・って、弾切れーーー∑(* ̄□` ̄*)

結局落とせず、パラシュート撒かれてしまいました。
結論。巧い人は、輸送機の操縦も巧い。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/272-5dc283c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。