スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理戦。 

137530.jpg

スクリーンショットは、K-4(Messerschmitt Bf-109K-4)に集中
弾を浴びせて撃破する私。
手前がYak-3、奥がK-4。


気持ちを切り替えて、再度離陸。
後方の飛行場から上がり、攻撃下にある前線飛行場まで足を運ぶ最
中、味方工場を攻撃中、のように見えるGE機がレーダーに映って
いる。

この、「攻撃中のように見える」というのがポイントだ。
最近よく目にするのが、シーンや戦車の周辺高々度を飛んで、あた
かも攻撃中のように見せかける戦法。レーダーマップでは高度まで
分からないので、これが通用する。
シーンや戦車を守るために近づいてきた敵機を、高々度から襲って
喰うらしい。
私も何度か喰われた。
これをやるのは、いわゆる空戦好きのパイロットが多い。

さて、私はシーンへ向かう。敵はどうせ対地攻撃中だから、私も緩
降下でスピードを付けながら急行。
と、敵をパドロックしたら、どうも対地攻撃などするような高度で
はない。
しかし幸い、私の方がまだ高度が高かった。
Yak-3の上昇力に感謝しながらさらに接近すると、敵機はK-4
(Messerschmitt Bf-109K-4)。パイロットは、空戦に強いTw隊の
J_F氏。
K-4にTw隊の組み合わせと言うことで、多少警戒する私。

K-4は、私の方が高々度だとみるや、ためらわずに逃走。
私は追う。しかし、恐らく追いつけない。エンジンパワーが全然違
うのだ。

このまま追い続けたら、奴は、エネルギーを稼いで反転攻撃してく
る。
一度逃げたからと言って、素直に逃げ続ける訳ではない。そういう
ものである。

私は、早めに判断を下し、見せつけるように垂直上昇。
敵は、これを注視しているはず。
垂直上昇の頂点あたりで、K-4も上昇反転してきた。戦いたいら
しい。
私は、インメルマンターンと見せかけて、そのままループ。上昇し
てくるK-4めがけて降下。
K-4の上昇力はすごい。私は、HOすると見せかけて、手前で操
縦桿をぐっと引く。
敵は、私に追随する。したと思う。しかし、上昇の限界に近いはず。
私はそのままコンパクトなループを描いて、低エネルギー状態の
K-4に襲いかかる。
命中弾は6、7発でしたが、偶然にも全て左翼に入る。
K-4はもんどり打って降下。途中で、墜落したようです。


・・・おっと。
自分が巧いと錯覚してしまった。
Yak-3の性能は、こういった戦いに対応できる。(La-7では、こうキ
レイにはいかないだろう。)
いい機体です、Yakovlev Yak-3。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/234-3eae950c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。