スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツメが甘かった。 

137606.jpg

テンペストはまっすぐ駆ける。
Yak-3は速いが、だからといって全力のテンペストには追いつけない。
高度はこちら優位だが、ダイブしても恐らく追いつけないだろう。
じりじりと引き離される。

私は、あきらめたポーズをしてみる。
インメルマンターンのフリ。先日の対K-4戦と同じだ。
案の定、テンペストはこちらの6時をねらって、上昇反転してくる。
そりゃそうだ。このまま私から逃げては、おびき寄せてまで戦いた
い彼の立つ瀬がないだろう。
私はインメルマンターンせずに、そのまま降下。テンペストとHO
のコース。
エネルギーはこちらの有利。しかしそれが慢心を招いたか。私は
「本当に」テンペストとHOしてしまった。
(もちろんここは、もう一度「吊る」場面だろう。)

あ~あ。

彼からもらった命中弾は1発だったものの、接触し、右翼を持って
行かれてしまった。
(その時は気づかなかったが、ビデオを見直したら、彼も左翼を失っ
ていた。)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/230-59460a36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。