スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラボーチキントリガー職人。その3 

155623.jpg

その後、Gsn氏はJPとのファーボールに舞い戻って行った。
私はというと、SU機の追撃をバレルロールでかわしたJP機に後
ろから撃ち込んだり、追われるSU機のカバーに入ったりで、安全
な仕事が多く回ってきた。決して、そういう仕事ばかりを選んでい
たわけではありません^^;
数的には劣勢のSU機たちだったが、パイロットの腕と高度と機体
性能を活かして、終始優位に戦いを進めたようだ。JPには初心者
の方が多かった模様。
このソーティのスコアは撃墜3。最終的には撃墜9被撃墜2で終え
た。

スクリーンショットは、Gsn氏をオーバーシュートさせたものの、
その後ろにいた私に撃ち込まれ、ダイブして逃げる鍾馗(37mm砲搭
載)(Nakajima Ki-44IIc-37)(左中段)と、それを追うGsn氏
(上)、カバーできる位置取りをする私(右下)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/223-a439b2d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。