スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えもいわれぬ不安。 

F4U-4 & YorkTown

スクリーンショットは、わがワイルドキャット(落下タンクつき)。
遠くに煙をあげるのは、US空母ヨークタウンか。

島の北側に展開するUS空母2隻(ヨークタウンとホーネット)が沈められてから、展開が変わってきたと思う。
シスオペから、US空母沈没の報があがってきたとき、わたしの心はざわついた。
えもいわれぬ不安・・・
空母が沈められたとしても、US側には大きな飛行場がある。
戦況に、それほど大きな影響はない。

・・・多くのUSプレイヤーは、そう思っていたのではないだろうか?
そして同時に、わたしと同じ不安を抱いたのではないだろうか?

とはいえ、確たる論拠も方策もないので、とくに声は上げずにいた。


詳細は省くが、USは島の南から接近するJP上陸船団をとどめることかなわず、サンド島を占領されてしまう。
序盤は、あれほどばっちり阻止できていたのに、やられてしまったのは、US空母部隊が沈んだため、JP空母から離陸してくるJP機を中間迎撃することができず、無傷のJP機隊がミッドウェイ島にプレッシャーをかけたのと、例の「空港が満員でです」問題、それと「上陸船団をひきつけてから撃破する作戦」が裏目に出たことかと思う。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/22-a847f408

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。