スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つばくろ、いまだ墜ちず。 

293722.jpg

スクリーンショットは、飛燕(Kawasaki Ki-61-I-KaiC)。
バレルロールで、わたしのDora(Focke-Wulf Fw-190D-9)を振り切
ろうとする。


日本軍唯一の液冷戦闘機として、人気のある飛燕ですが、FAでの
人気は芳しくありません。
わたしも搭乗したことがありますが、中途半端な性能。
かなり使い込まないと手の内に入れられないカンジです。


ですが、このFA飛燕、細々と命脈を保っています。
もともと人気のある機体ですから、熱心なファンが乗り続けるので
しょう。
また、この性能が、またベテランのマニア魂をくすぐるのかもしれ
ません。
昔の話になりますが、飛燕専門のプレイヤーがいました。
彼は、強かった。間近で空戦を見て、「え、飛燕? ホントは五式
戦なんじゃ・・・」と思わせられることもしばしばでした。
今も、sykz隊など、飛燕専門(?)のスコードロンがあります。
つばくろ、いまだ墜ちず。


余談ですが。
外国のプレイヤーの中に、これを「インペリアルスワロー」と呼ぶ
人がいます。
二四四戦隊のB-29への体当たりは、外国でも有名なのでしょう
か。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fighterace.blog68.fc2.com/tb.php/108-6b7fa952

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。