月別アーカイブ

 2005年01月 

おしらせ 

■管理者へのご連絡・足跡などはここをクリック。
■各機体解析結果をカテゴライズしなおしました。(2006/09/20)
http://fighterace.blog68.fc2.com/blog-category-4.html
スペック表だけ見たい場合にどうぞ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空飛ぶビアジョッキ。 

289059.jpg

米軍機としては最多生産された「ビアジョッキ」ことサンダーボルト
(Republic P-47D)ですが、TCではあまり見かけません。
FAの戦闘機としては、かなり頑丈な部類に入ります。少なくとも、
「とっても堅い」といわれるヘルキャット(Grumman F6F-3)の
1.3倍程度、堅い。
なぜか堅い鍾馗(Nakajima Ki-44-IIc)よりも堅いかどうかは、未
調査です。
上昇力や加速力に難がありますので、どうしても敬遠されがちです。
調べたところ、500lb爆弾2発、250lb爆弾1発に加えて、139lbロ
ケット弾を10発搭載できるので、戦闘爆撃機としてはかなり優秀
ですが、同じようなペイロードのコルセア(Chance Vought F4U-4)
は機動力も抜群ですので、サンダーボルトを選ぶ人は少ないのでしょ
うね。

サンダーボルトの愛称は、"Jug"。
ビアジョッキのこととも、Juggernaut(破壊の神)の略とも。


Nハンドルとは別のハンドルでTCにいるとき、その珍しいサンダー
ボルトのロッテが空中戦を挑んできたので、相手をする。
こちらはK-4(Messerschmitt Bf-109K-4)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。